ゴルフ道~ドライバーのヘッドを交換!~

ゴルフ

モン太郎
モン太郎

今回は、ヘッドの交換作業をしていきますよ。
ドライバーをしていきます。
ドライバーのヘッドと言ってもスリーブがあってソケットがあります。

手順

ようは、スリーブを温めて、接着剤を溶かして抜く。

これだけのことではあるんですよね。

さて、まずはシャフトを固定します。
専用器具はもちろん販売されてますが、我が家に万力があったのでこれを代用します。

万力を2個つかいます。

しっかり固定できてますよ。

参考

ここからがポイントです。


アイアンのヘッドは、バーナーで温めても問題ありません。
アイアンのヘッドもシャフトもスチールだからです。
※スチールシャフトの場合です。

ドライバーやウッドは違います。
カーボンなんですよね。
ヘッドもスチールではありません。
塗装もしてますし!

まめ
まめ

※まぁできないことはない!火を直接あてず、温めてるのにゃ・・・

失敗例・・・|゚Д゚)))

ヒードガンで温めて、ヘッドをはめて、回したらシャフトが、よじれました・・・

接着剤が溶けるより、カーボンが柔らかくなるほうが早かったようです・・・シャフトは切れば、使用可能です・・・

さて・・・つづけましょう

ここでヒートガンを出してきます。
まず、ソケットを切ります!
ソケットは、使い捨てです。まぁ再利用しようと思えばできるかもしれませんが、ここでは切ります。
温めると、樹脂なのですぐに柔らかくなります。

ここからが
温める時間は約20秒です。
万力をゆっくり回しながらスリーブにをかけながらヒートガンで温めます。
まぁ・・・シャフトをねじる方向へ力がかかっていないので、1分ほど温めても大丈夫でした!!

温めながら万力を回すと!

モン太郎
モン太郎

抜けました!

慣れてしまえば簡単なもんです。

抜いたシャフトは紙ヤスリで綺麗にして。
スリーブは再利用できますね。
スリーブの中はドリルで固着してる接着剤を削り取ります。
スリーブの内径に合わせて、刃の径を選んでください。

あとは、新しくつけるヘッドのスリーブを接着剤でつけるだけ!

ディーラー
ディーラー

ブログに書いてるので、よかったら参考にしてみてくださいね♪

ゴルフ
もんたろうブログ~節約しよう♪自作♪電気&木工DIY工房~

コメント