ウォールハンガーをDIY

壁に「ちょっと服とかかけれたら便利だな」と思った事はありませんか?

下の子が幼稚園にはいるため、「制服・バックなどをちょっと掛けたい」と妻が言ってきたのでDIYしますよ

よし!壁にフックを付けてみよう。

ということでフックを探しに車で出かけました。

見つけました!

今の100均てバカになりませんね。いろんなものが売っていますね

セリアにて発見

ダイソーにはありませんでした。こういったDIYがらみはセリアの方がシリーズがよく揃っていますね。

材料

1.ハンガーフック ¥108×3個
2.木ネジ     ¥0 
3.木板      ¥0

 使用工具

1.丸ノコ
2.電動カンナ
3.電動サンダー
4.インパクトドライバー
5.塗料

電動サンダーは「新興製作所 サンダー SDS200WN」をアマゾンで購入し使っています。
¥2980でしたが、とてもいいですよ
最近は値段じゃないですね

 手順

1.取り付け位置を決めましょう

今回は部屋の隅の壁に取り付けます
自宅は持ち家です。多少の抵抗ありましたがネジで留めます

2.位置の寸法に板を切る

板は長屋にあったものを使用するので¥0です。寸法を測って丸ノコで切っていきます。
この時、丸ノコを「斜め」に角度を変えて、切ると味がでますよ♪

電動カンナで表面を綺麗に削ります

3.サンダーで表面を綺麗にする

番手は#100⇒#320を使用しました

私は#100を仕上げで使っても充分ですね

4.傷つける

電動サンダーは「布ヤスリ」をオススメします。「紙ヤスリ」だとすぐ破れてしまいます

え!?綺麗にしたのに傷つける!?

そうなんです。アンティークっぽさを出すために、あえて傷つけます。

5.塗料をぬる

木目が際立つ、「ステイン」を使います。私は、「ウォルナット」のカラーが好きです。
暗めのカラーです

6.取り付ける

仕上げです。決めた位置に取り付けましょう。
白地の壁紙の裏は石膏ボードですので、石膏ボードのみの箇所ははずして、壁裏に柱がある箇所にビス留めしています。

どうしても柱がなく、石膏ボードに木ネジを使うときは、こんな商品を使います

柱を探す時は、「下地センサー」もありますが、持ってないので、「まち針」を壁にさして柱の位置を確認しました

7.完成

見栄えも決して悪くありません。
ネジで留めただけですが(笑)

ちょっとした、かゆいところに手が届くそんな感じのプチDIYでした。

 強度

10キロくらいはぶら下げれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です