リラックスチェアーをDIY

「こんなリラックスチェアーが欲しいなぁ」

「あれ??これって座椅子の下に足がついてるだけ?」

作ってみよう!

材料

1.木材
2.木ネジ
3.ドリルビス
4.オイルステイン(塗料)
5.木工ボンド

使った工具

1.電動カンナ
2.電動サンダー
3.インパクトドライバー
4.木工ボンド
5.トリマー
6.丸ノコ

手順

1.図面のイメージ

座椅子があったのでこの座椅子に足をつけてやるだけです。
こんな感じで簡単に図面を描きました

2.座椅子を分解

座椅子のカバーをはずしていきます
スポンジも取って骨組みだけにします
この骨組みを「これから作る足」の上に乗せます

廊下にスポンジがボロボロ落ちたので、掃除しています
掃除機調子いいです

>アイリスオーヤマ掃除機レビュー

お手軽さ!に吸引が最高です。

3.木材の切り出し

木は自宅の長屋に廃材があったのでカットしていきます
細かい寸法は後から調整するとして

表面は「電動カンナ」できれいにします
丸ノコを丸ノコ台にセットしてカット

4.組み立て

木工ボンドを塗って木ネジで留めていきます

5.角を仕上げます

トリマーを使って角を丸くしていきます

6.手すりをつける

強度的にも手すりをつけたほうがいいですね

ネジは「ダボ」で隠してます

7.座椅子を改良

「背もたれの角度が変わらなくていい」

角度が変わらないように溶接します

この座椅子は頭の部分も角度が変わります
頭の部分は溶接しません

綺麗な溶接はテクニックも必要ですが

100V溶接機 充分使えます!

8.仮置き

足に座椅子を乗せます

ぴったりはまるでしょうか?

はまりました

座面(座る部分)に板を取り付けます

9.座椅子を足に固定

座椅子と足をドリルビスでねじ込んで固定します

ドリルビス

ドリルビスはインパクトでねじ込めばそのままスチール枠に穴が開いて食い込んでいきます
下穴を開ける必要はありません

この時点で座ってみました
うん悪くない

10.塗装

木目を生かすステイン(カラー:ウォルナット)を塗っていきます
前回記事にしたウォールハンガーをDIYした時もこのステインを使いました

私はウォルナットのような濃いカラーが好きです
高級感がありますよね

11.スポンジ&カバーをつける

座椅子から外したスポンジ&カバーを元に戻していきます
足と座椅子の骨組みを固定したのでカバーが入りづらいです

カバーの裏側をハサミでカットし力ずくではめていきます

カットしたカバーをタッカーで座面裏側に固定します
カバーはしっかりと引っ張って取れます

このタッカーは安価なのに、しっかり食い込む力もあって使えます

コスパが高いです

12.完成

座椅子に足をつけただけです
それでも見栄えは悪くありません

ただ買ってもよかったかな?
今は安くて良い商品がありますね

反省点

1.座ってみると幅が少し狭い
座椅子の幅に合わしたので仕方がないんですがもう少し広いほうがいいです

既製品ももう少し広めですしね
やはり既製品は日本人の体型に合わせた考えたサイズになってますね

2.手すりの位置が低い
スポンジを入れて座ってみると少し低くなりました

もう少し高くてもいいですね

総合評価

やはり既製品には勝てません
しかし値段で言うと 数百円分 しか買っていません

節約リラックスチェア (笑)

DIYするとまぁこんなもんですかね

これまでに作ったDIY作品 

1.テレビ台
2.子供の遊び道具入れ
3.縁台

など

DIYするうちにどんどん楽しくなってきます

現在、マイホームを建てる計画をしています
もしマイホームが建ったらさらに色んなDIYしたいです

新しい工具に「フィニッシュネイルガン」を買いました

またレビューしていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です