単管パイプで「穴掘り機」を作成

単管パイプを地面に立てたい時どうしましょう?? ハンマーで打ち込んでます?

地面に打ち込むために商品も売っています



パイプはキャップなしで打ち込むと縁が変形しちゃうよ




単管パイプで穴掘り機をDIY

必要なもの

  • 1.単管パイプ
  • 2.単管パイプジョイント
  • 3.鉄筋50㌢程

使った工具

1.ディスクグラインダー



製作手順

①単管パイプを1.3m程&40cmほどにカット

②1.3m程のパイプの先端をカット

カットした先端部分が地面に食い込んでいきます

その上の小窓は詰まった土を掻き出すための開口部

③組み立て

十字形に組み立てて完成

実際に使う風景は?

腕力で回していきますよ

地面の硬さによるけど、

けっこうグイグイ入って行くよ

ある程度回すとパイプの中に土が詰まるので開口部から鉄筋で土を落としていきます

これを繰り返せば50センチくらいならすぐに掘れます

単管パイプで掘るので単管パイプの径の穴が掘れます

  意外に使い道がありますよ

庭にゴルフ好きが講じてネット作っちゃいました!!

単管パイプで作ったんで、地面に「単管パイプ穴掘り機」で掘って、挿してます

立てたパイプの強度は?

1.打ち込んだ場合
保持強度
土圧がかかりますので、保持強度は高いです
難易度
打ち込まなくてはならないので、力仕事ですね 長いパイプだと不可能

2.掘った穴に挿した場合
保持強度
土圧が無い分、低い
難易度
穴を掘って差し込むので力はいりません ※穴掘り機を回す時は必要

50cm程打ち込むのは、地面が硬かったり、岩があったりしたらもう無理! そこで「穴掘り機」は重宝しました ゴルフネットは見ての通り、ブランコができるくらいの強度は充分!

土圧の図解

休日DIYの紹介でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です