ゴルフグリップ交換

私の趣味はゴルフ

始めて10年になるんですけどこれまで色々とクラブを変えてきました

グリップも痛んできたら交換します

グリップ交換を自宅でしますよ

お店にグリップ交換をお願いすると500円から1,000俺は取られます
もちろんクラブ1本につきです

使う工具

・万力
・グリップの中の両面テープのカスとり(自作)>棒ねじにウエスを巻いたもの
・灯油
・カッターナイフ
・両面テープ

万力でシャフトを挟むように、木切れと硬質ゴムで自作してます

手順

①万力でシャフトを固定

②カッターナイフでグリップを切っていきます
※グリップを再利用しない場合の方法です

万力で固定しなくてもグリップは切れますね♪

※注意

くれぐれも手を切らないように!

シャフトグリップは両面テープで止まっているだけです

グリップを抜いたらパーツクリーナーもしくは灯油で両面テープのカスをきれいにします

両面テープが残っているときは、ドライヤーで温めたらはがしやすくなりますよ

ヒートガンで温めています。
※ステッカーにしてもテープにしても温めると粘着性が低下する性質があります

③両面テープを貼ります

テープの貼り方はいくらか種類があります

私はいつも「シンプルな上側」をします
グリップの長さを見て貼ります

④グリップの穴を指で押さえて灯油を入れます

シャッフルシャッフル

⑤指を離して貼った両面テープに灯油をかけます

⑥グリップを差し込む(しっかり灯油をかけてくださいね)

>ペットボトルの中身は灯油です(※この保存はダメです。消防法で禁止されています)

差し込むときに灯油がしっかりかかっていないと差し込みづらいですよ

しっかり差し込んだら「ひねり」を微調整する

>完成


ワンポイントアドバイス


・バックラインなしのグリップを使用すると交換しやすい

バックラインありを使うと調整がめんどくさいんですよ

普段からバックラインなしを使ってますし、自分でするならバックラインなしがやりやすいです

灯油が揮発して両面テープがしっかりグリップにくっつくまで、 交換が終わると24時間位は放置しいといてください

作業時間

ざっと20分てとこですね

慣れてくればすぐできますよ
これも節約です(笑)



ワンポイントアドバイス❷

グリップを切ってしまえばそのグリップはもう使えません
パターのグリップなんて何回か使えますよね
太いのだってあるし

昔はパーツクリーナーや灯油をグリップに注入して握ってぐりぐりしてました

でもこれなかなか取れないんですよね
特に時間がたったグリップはしっかりくっついちゃってるし

おすすめ秘密兵器

コンプレッサー

空気をグリップの穴から入れてやるんです!

そうすれば風の力でグリップとシャフトが離れてくれます
ぐりぐりしながら抜いてやる

※空気圧を上げて一気に入れるとグリップが破れる可能性があるので徐々にしてくださいね

パーツクリーナーや灯油は使わない

使うのは空気圧のみ

かなりお勧めです♪

古いグリップでも抜けるし
グリップを切らなくてもいい

グリップ再利用可能です

ぜひぜひお試しください♪

>オススメコンプレッサーはコレ

「ゴルフグリップ交換」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です