防災バックは用意されています?

近年、日本各地で歴史上目を見張る災害が発生しています。

  • 阪神淡路大震災 1995 1/17
  • 東日本大震災  2011 3/11
  • 広島土砂災害   H26 8/20
  • 鳥取中部地震   H28.10
  • 西日本豪雨    H30 6月
  • 北海道地震    H30 9/6  など・・・・・

私たちが身を守る上で、用意するものはたくさんあると考えます。

しかしながら「自助・共助・公助」と言われる中で、まずは「自助」を強化していくことが命を守る第一歩と私は考えています。

・自助:自身の知識や用意物、自力により避難行動をとること
・共助:周囲の近所、知人、友人などとの協力により避難行動をとること。
・公助:公的機関(国、自治体、自衛隊、消防、警察など)を活用し避難行動をとること。


そのため我が家では防災バッグを導入しました。

防災バックの中身はそれぞれの世代によって変わってきます。

ご老人が多いところは老人用のオムツや薬等、乳幼児がいらっしゃるご自宅はミルクやオムツ等。

防災バックの中身はその生活に必要なものから順に選んでいく。

それが防災バックの中身と捉えてもらって間違いありません。

災害発生から「72時間」が「命の時間」と言われています。それは、72時間は、公的補助が行き届かないということ。

参考 72時間=生命のタイムライン!(瓦礫の下敷き、閉じ込めなどにより身動きがとれない状況下での生存時間) 行方不明者捜索において、公的機関の捜索は72時間をメドに活動します。(物的証拠を有し、確認がとれれば72時間は延長します。)

72時間経過すれば、公的な補助が行き届き始めるということです。

※公的補助・・・ライフライン、食料、衣服、住居、水などの生きていく上である程度必要なもの。

防災バックだけで身が守れるとは考えていません。

防災には「モノとココロとカラダの準備」が必要です。

その一つである「モノ」の準備を今一度考えていきましょう。

防災バックは、特に購入する必要はありません。

中身を用意いただければ結構です。

バックなどの入れ物は、リュックサックなどのように背負えるものがいいでしょう。

季節によって、中身は変えるのがベストです。

冬なら防寒が必要です。 必ずいるものは、「水」です。私の体験になりますが、被災地にて水がないのが一番困った過去があります。

中身は、その家庭、共に避難する方の日常に必要なものから入れていきましょう。 とにかく「3日間」を生きるためのモノが防災バックの中身と捉えてください。中身は、人それぞれ違うのです。

私は現在、公助の立場の仕事をしています。

被災地の現状も多少かもしれませんが知っているつもりです。

どうか、対岸の火事と思わず一人一人が防災を考えて欲しいです。

防災に関し、こんなときどうすれば?被災地の現状は?小さいな子供がいるんだけど・・・などそんな疑問がおありでしたら、アドバイスさせていただきます。

相談はクリック プロフィール mygo


検索 防災バッグ